2018年度 一般社団法人 銚子青年会議所

2018年度 一般社団法人 銚子青年会議所

(一社)銚子青年会議所 概要


理事長所信

2018年度理事長所信 

第55代理事長 野平 泰彦

 LOMスローガン: 『勇猛果敢~次代に引き継ぐまちの宝 ~』           

【はじめに】

銚子市は、千葉県内で2番目に市制がひかれた歴史ある地方都市であります。しかしながら、市政の現状、市民の意識など、もろもろ鑑みたとき、今の銚子は胸を張って千葉県内二番目に市制がひかれた歴史ある都市だといえるのでしょうか。銚子市民として現状を 打破する意識が低い状態が続いてしまったとしたら、我々の子ども世代は将来、『銚子に戻りたい』と思ってもらえるのでしょうか。

2018年度の銚子青年会議所では、我々の子ども世代が将来、銚子に産まれ銚子に育ったことを、心から誇りに思い、ひいては市民がますます地元を愛する心を醸成できるまちづくりに、艱難辛苦を恐れず英知と勇気と情熱をもって取り組んでまいります。

 

【創立55周年を迎えるにあたり】

銚子青年会議所は、多くの先輩方の血と汗と涙の結晶として、創立55周年を迎えます。55年という年月は、決して短いものではありません。55年間にわたり、その時代における40歳までの青年が、英知と勇気と情熱をもって、明るい豊かな社会を実現すべく、時間と労力を割いてきた結果に疑う余地はありません。尊敬の念とともに、御礼申し上げます。

まちづくり団体として、厳格なルールに則り運営される銚子青年会議所は、過去に近隣青年会議所発足に尽力した経緯や、県内3番目に発足した歴史あるLOMとして千葉県内各地会員会議所から一目置かれる存在であります。しかしながら、近年千葉県内各地会員会議所会員との交流は減少し、会員各自のJAYCEEとしての資質、自覚が醸成される機会は多いとは言えないのが現状ではないでしょうか。

本年、この創立55周年という記念すべき年をきっかけとして、銚子青年会議所会員のJAYCEEとしての資質向上に寄与すべく、各地会員会議所会員との交流の場に積極的な参画をしてまいります。また、周年記念事業として、青年会議所運動に造詣の深く、かつ永年続く企業を継承する方を講師として招聘します。長い歴史がありながら常に先を見据えて著しい発展を遂げている企業の経営者に、自身の経験や現在に至るまでに歩んできた道のり、それに伴い乗り越えた困難、さらには経営者としての考え方や心の持ちようをシェアしていただきます。講演を聴講することでその内容を、各自の経済活動や私生活へ取り入れていただき、より良い社会人としての資質向上を目的とします。同時に、特に20歳から40歳までの参加者には青年会議所の在り方や取り組み、また団体としての魅力を知っていただく機会とし、会員拡大の一助としていきます。

 

【厳格な式典を開催する意義を再考する】

青年会議所では、毎回の会議において熟成された議案書のもと、厳格な式典が必要とされます。本年はこれまで以上に綿密かつ入念な準備、設営のもと厳格な雰囲気の中開催することで、これまでの55年という長い歴史を紡いできてくださったOB諸兄への感謝の気持ちを表現させていただく場とし、今後の青年会議所のますますの発展に寄与します。また、新年記念式典や創立55周年記念式典といった来賓をお招きする場においては、来賓の皆様はもとより、市内関係各所や県内各地会員会議所へ質の高い式典をお披露目することで銚子青年会議所の存在感を示し、これまでの感謝、そして今後とも、より一層のご協力をお願いしていく意味を込めて、創立60周年、創立65周年と続く未来への足掛かりとします。

 

【先輩諸兄との交流】

現代日本において、日々の生活をストレスなく行うことは難しくなっています。また、仕事に熱中すればするほど、適度な運動の時間が取りにくくなります。特に青年会議所運動に取り組む我々にとって、自分のメンテナンスは常に課題となります。

本年は諸先輩方への敬意をこめて、現役メンバーと先輩諸兄とのスポーツを通した交流の場を設けます。先輩諸兄と現役メンバーの運動不足の解消、そして日々のストレス発散の一助としていただき、世代の異なる参加者が、対戦相手に勝利するという同じ目的を共有することで、気持ちを一つにし、より充実した交流の場とします。この交流を通して、改めて現役メンバーが先輩諸兄より当時の熱い気持ちで臨んだまちづくりの経験や、そこに取り組む意識を学ぶことで、現役メンバーのJAYCEEとしての意識向上をはかります。

 

【銚子の基幹産業である一次産業の発展と継続】

銚子というまちの基幹産業は、一次産業であります。よく取りざたされる観念として、銚子のてんでんしのぎがあります。もともとは血脈を絶やさないための格言でしたが、現在では独立独歩の意味合いが強くなっています。そしてこれまで、その弊害として内外への発信力の強化が遅れてしまったのではないかと思います。また、これらは一次産業の仕事としての魅力、そして仕事から得られたものの魅力や、魅力を生み出すために発生した労力の価値が周知されていないことに起因しているのではないでしょうか。

中でも銚子の誇る魅力ある農産物のひとつに、銚子メロンがあります。銚子で作られたアムスメロンを「銚子メロン」としてブランド化した当時は、300軒以上の生産者がおりました。第16回(1987年)日本農業賞を受賞した輝かしい歴史もあります。しかし、作 物としての品質が高く評価されているものの、高い品質を維持するための技術的な煩雑さ により、雇用型大規模農業に向かない作物であるため、現在では生産者は100軒を切るところまで減少してしまいました。しかしながら、これまでのブランドとしての評価をみても、ポテンシャルは計り知れないものがあります。

本年は、地域の宝を生産者やその家族が銚子市民とともに、客観的な目線で価値を再認識する機会を設けます。そして基幹産業である一次産業に、事業に参加いただいた銚子市民とともに、銚子独自の魅力として付加価値を加え、県内外へ発信をします。最後に一次産業ならびに関連産業に従事する方々への新たな利益を生み出すことができる、次代に残せる経済循環を提案します。

 

【家庭や会社の外に出ることへの家族の理解に感謝を込めて】

単年度制の本会の良いところとして、40歳までという期間限定で、1年ごとに異なる様々な役職を担うことで得られる責任感や、その立場を経験することで自身の本業や今後のものの見方を変えることができるチャンスがある、ということがあります。40歳までに得られる限られたチャンスを活かすには、メンバー個人では不可能です。青年会議所運動は本業ではありません。そのうえ、自らへの投資として会費を払い、会社を抜けて、家族の時間を削って参加しています。

主体的に参加することで急激に成長できることが、青年会議所の本質であります。青年会議所運動に参加する上で、家族からますます理解を得られることで、より青年会議所メンバーとしての当事者意識を醸成し、主体的な参加による成長が望めると考えます。

本年は、改めて各自がより前向きな成長の場とできるための一助として、家族が青年会議所の在り方を知り、青年会議所メンバーと楽しい時間を共有し、交流できる場を設営します。家族から理解と協力を得られることで、これまで以上に仕事も私生活も充実し、各自が成長できる環境づくりの一助とします。

 

【協力事業と会員拡大について】

まちづくりには多くの人手と労力を必要とします。過去には青年会議所単独で大きな事業を行ってきた歴史がありますが、現在単独で大きなまちづくり事業を行うことは難しくなっています。しかしながら、市内では多くのまちづくり事業が展開されています。社会開発事業の一環として、協力体制を取り、参画してまいります。

銚子青年会議所の会員数は、人口の年齢バランスを考慮すれば致し方ないことかもしれませんが、最も多かった時代の3分の1まで減少しています。今後2年間で、これまで主軸として運動に参加してきたメンバーの約半数が、40歳を迎えます。このままでは会員数が半減することは明白であります。事業を展開することも困難となり、LOM事業に労力を割かれることで、メンバーの成長を望める機会が減少してしまいます。会員拡大は喫緊の課題として取り組まなければなりません。

これまでも継続して行ってきた会員拡大ですが、入会してもらうにあたっては、メンバー自身がその魅力を伝えられなければなりません。しかしながら、銚子青年会議所においては参加することで得られるメリットが非常に限局的に捉えられていることが多いと考えられます。

意識変革団体としての青年会議所における成長の機会とは、LOMに限ったものではありません。公益社団法人日本青年会議所、同関東地区協議会、同千葉ブロック協議会、さらには日本青年会議所業種別部会と、出向することで成長が得られる場は多くあります。出向における成長の要素として共通点は、多くの人財と知り合う機会が得られることであり、より意識の高い会員と交流することや事業に参加することで新たな知見や価値観、課題解決の手法を学べること、他地域青年会議所に所属する同業者との意見交換など、自らの意識改革が望める多様な機会があります。

本年度は出向者の輩出や日本青年会議所主催の事業への協力を積極的に行うことで、会員各自の意識を醸成し、入会の具体的なメリットを体験談として伝えられる人財を育成し、今後の会員拡大に繋げてまいります。関東地区協議会で作成している会員拡大のビッグデータを活用することや、会員やその関係者の人脈から拡大対象者を発掘し、青年会議所運動に携わることの魅力を愚直に伝えていき、本年度は10名以上の会員拡大を実現します。

 

【おわりに】

青年としての時間は限られています。この時間を浪費するのか、成長につなげるのか。我々は、地域をより良くするために、自分を成長させるために、という熱意をもって、青年としての限られた時間を青年会議所運動に当てています。一年間という短い期間で地域に貢献する何かを達成することは、決して容易ではありません。しかし、容易ではないことに挑戦するからこそ、本当の意味で成長が得られるはずです。そこには成功か失敗かという概念がつきまといますが、本当の失敗とは、挑戦しないことです。失敗したから成長できないということは絶対にありません。挑戦することのみが成長に繋がります。奉仕の心をもって困難に挑戦し、お互いが困難に挑戦することを修練として受け止めることが、より深い絆を、友情を深める場となります。

失敗を恐れず挑戦することに注力し、JAYCEEとして誇りを持って目的に向かって勇猛果敢に邁進していきましょう!

        

 

―基本理念

挑戦なきものに成長なし


基本方針

  • 未経験に挑戦する

  • 地域の基幹産業の価値を高め、銚子ブランドの発展と継続に寄与する

  • 対外との交流によりJAYCEEとしての成長を促す


事業計画

    1. 入念なリハーサルに基づく55周年記念式典および記念事業と祝賀会の実施
    2. 先輩諸兄との交流事業の実施
    3. 銚子の宝である銚子産の産物の魅力を発信する事業の実施
    4. 家族例会の設営
    5. 公益社団法人日本青年会議所の主催する事業への協力
    6. 銚子市内他団体より要請のあった協力事業への参加
    7. 10名以上の会員拡大


(一社)銚子青年会議所 2018年度

〒 288-0045三軒町19-4
銚子商工会館内 3F

TEL 050-3786-0285 FAX 0433-32-8912